« 謹賀新年 | トップページ | 開店前 »

2012-01-03

朝陽の下の寺院

中断していたパリの風景の紹介を再開する。

R0013827
GR DIGITAL III + SILKYPIX

ノートルダム寺院内の拝観を終えて外に出ると、朝陽が高くなっていた。

R0013831
GR DIGITAL III + SILKYPIX

来たときには閉ざされていた寺院東側の公園が開いていた。木陰に老婦人がたたずみ、じっと尖塔を見つめている。バードウォッチングかと最初は考えたが、望遠鏡の類のものをお持ちでない。何か信仰心がそうさせているのであろう。

R0013832
GR DIGITAL III + SILKYPIX

ステントグラスは、教会内で見れば極彩色だが、外から見ると暗い色の窓に過ぎない。しかし建物のゴシックの様式美は見事である。

R0013835
GR DIGITAL III + SILKYPIX

日本で言うところの社会見学であろう、集団で行動する学生さんの姿をパリでは比較的良く見かける。公共交通機関でも通学する若者を見かけるが、表情に注意すると、総じて日本の学生さんよりも眼力が生き生きとしているように感じられる。

ファッションの小奇麗さやカジュアルさとも、行儀の良し悪しとも関係なく、目の表情が違うように思われるのである。見えているものに対する反応がはるかにキビキビしている。若者が世の中に向き合う姿勢に積極さが感じられて好ましい印象を持つ。

« 謹賀新年 | トップページ | 開店前 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546773/53639512

この記事へのトラックバック一覧です: 朝陽の下の寺院:

« 謹賀新年 | トップページ | 開店前 »