« 食欲の秋 | トップページ | 「アート」できるか? »

2010-11-07

さらに食欲

故あって京都まで出かけ、JR京都駅の駅ビル内にある日本料理店で家族で食事を楽しんだ。小生のこれまでの人生で最も高級な食事である。薄味の美味しい京料理が見事な器に丁寧に盛り付けられて運ばれてきた。味も外観も楽しみながら時間を過ごした。

R0013422
GR DIGITAL III + SILKYPIX

とまぁ、上品に書きたいのだが、色々と問題がある。

食べ物を描写する文章力が無い。決定的なことに、小生は舌が肥えておらず、ある程度以上美味しければ、皆美味しいのである。違いが判る男、では無い。どちらかと言えば、味よりも、見た目の綺麗さの方が判るつもりでいる。不肖、写真を趣味としているのだから。

そんなわけで、即席だが撮ってみた。

R0013425
GR DIGITAL III + SILKYPIX

最後の菓子も、本物の紅葉の葉とともに出された。美しい!

が、

・・・・、

少ない。(ボソ)

この類の料理は、本当のところ、味を楽しむものなのか、「場」を楽しむものなのか、判断しかねるところだが、小生としては「場」を楽しむもの、「場」に意味がある、と思う。

今回、小生が京都に食事の場を設けたことは、小生と連れの家族にとって、人生で大きな意味を持つに違いない。その点で「吉兆」のお店は大変良い「場」であった。もてなして下さった店員の皆さんにはお礼申し上げる。

週明け月曜からの仕事の都合もあって、日曜日をゆっくり過ごすべく、日帰りで茨城に戻った。陽も落ちた常磐線の車内では、連れも小生も早くも空腹を感じ、駅弁を2人でガツガツ食う顛末。

« 食欲の秋 | トップページ | 「アート」できるか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546773/49966712

この記事へのトラックバック一覧です: さらに食欲:

« 食欲の秋 | トップページ | 「アート」できるか? »