« 「アート」できるか? | トップページ | 最後の紅葉 »

2010-11-27

晩秋の曲屋

R0013450
GR DIGITAL III + SILKYPIX

拙宅から車で少し走ったところに「常陸風土記の丘」と言う公園・施設がある。地域の遺構から出土した品々の展示館に加えて、古い建物・民家を再現・移築したものがある。このうち、比較的新しい時代の「曲屋」は、現役のそば屋として使われている。

新しく手打ちそばが登場していたので、さっそく頂いた。連れは天ぷらを沿え、小生はおでんを追加した。気温が下がってきたこの季節、温かい食事が美味しい。

R0013455
GR DIGITAL III + SILKYPIX

曲家の中ではストーブが焚かれていた。座敷でも良いのだが、ストーブに近い土間の囲炉裏端で食事を済ませた。

R0013459
GR DIGITAL III + SILKYPIX

民芸品も展示されており、隣の建物の売店で販売されているようである。

R0013493
GR DIGITAL III + SILKYPIX

曲屋の屋根は見事な茅葺(かやぶき)で、江戸時代後期のものとされている。夏もまた訪れるのに良い場所で、障子を開け放った広々とした板の間で、涼しく食事ができる。

« 「アート」できるか? | トップページ | 最後の紅葉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546773/50148117

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の曲屋:

« 「アート」できるか? | トップページ | 最後の紅葉 »