« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010-09-29

自然に挑む

R0012775l
GR DIGITAL III + SILKYPIX / "トラックバック企画「フリー」に参加"

黒部では自然の大きさを思い知らされた。しかし、そこに挑む人間もまた偉大である。(元記事はこちら

2010-09-27

イスラムの匠

R0011084l
GR DIGITAL III + SILKYPIX / "トラックバック企画「フリー」に参加"

イスラムはイデオロギーではない。元来、宗教であり文化である。その豪華絢爛さは他の文化に勝るとも劣らない。(元記事はこちら

2010-09-26

明日を信じる国

R0013229l
GR DIGITAL III + SILKYPIX / "トラックバック企画「フリー」に参加"

アメリカ市民は星条旗の下に集う。明日をより良くするために彼ら自身が持つ意思の力を信じている。(元記事はこちら

2010-09-12

無事帰宅

ワシントンから無事に戻った。

帰路の飛行機はほぼ満席、ユナイテッドエアライン便だったので日本人客は少数派だ。大柄なアメリカ人がたくさんエコノミー席を利用している。日本人の中でも小柄な小生が不満だらけの環境を、よくアメリカ人が我慢していると思う。

体調は崩していないが、今回は、さすがに堪えた。機内食が喉を通りにくくなったのである。

食べ物についてとやかく言わない性質であると自認しているのだが、外見に食欲が失せ、はっきりと不味く感じたのだから、相当なものだと思う。

今晩は、連れの手料理で美味しく頂くのだ!!(ノロケ爆裂・失礼)

2010-09-11

9/11の朝

R0013241
GR DIGITAL III + SILKYPIX

アメリカ滞在を終えようとしている。偶然にも9/11に帰路につくことになった。

9年前のこの日、恐怖と混乱がアメリカの空を満たし、生中継を通じて小生の心にも侵入してきたことは、記憶に新しい。

小生が飛び立とうとしている空は平和に見える。

9年前、地上に戻ることができなかった人達、地上で犠牲になった人達を悼む。

ワシントン

R0013197
GR DIGITAL III + SILKYPIX

アメリカでの仕事の日程も消化した。仕事の場所は正確にはメリーランド州なのだが、ワシントンDCの郊外と言っても良い。実際、地下鉄一本で移動できる。

仕事を終えて、今晩しかチャンスが無いので、すぐにワシントンDC中心部へ向かった。

あまりにベタなお約束的写真は後回し、少し天邪鬼的に、ホワイトハウスを背にした写真から始めてみる。

続きを読む "ワシントン" »

2010-09-10

初めて大西洋を渡る

R0013183
GR DIGITAL III + SILKYPIX

パリでは市街地を抜け出る時点で難航。どうも高速道路で事故があったようで、高速道路が渋滞、そこへ流れ込む車で一般道も混雑だった。交差点は「混乱」と言ってよいほどで、あらゆる方向から入ってくるドライバーが、隙間と言う隙間に車体をねじ込んでくる始末。「渦」になっている感じだった。

空港ではパリもワシントンも、アメリカ入国のセキュリティーチェックが厳しかった。小生の場合、フランス経由でアメリカに向かっていることに興味を持たれてしまい、「フランスで何の会議だった?」「アメリカでは何の会議だ?」「会議の資料を見せろ」。パリではさらには「荷物は全部自分のものか?」「自分で荷造りしたか?いつ?」「武器になるようなものを入れてないか?」などなど質問だらけ。

続きを読む "初めて大西洋を渡る" »

2010-09-09

有名な衣料品店

R0013168
GR DIGITAL III + SILKYPIX

パリの日程はあっという間に過ぎてしまった。渡欧する際の飛行機で寒い思いをして風邪をひいてしまい、その後、仕事が終わってもホテルに引き篭もる日が続いたが、最終日だけは少し外に出かけた。

ホテルはカンブロンという場所にあるイビスである。地下鉄の駅がすぐ近くであり、2回乗り換えることさえ覚悟すれば、パリの大抵の場所へ行ける便利なところだ。初日は仕事の場所まで全部歩いていったら、遠いし迷うし散々な目に遭ったものの、改めて路線図をよく調べたら、次からは30分足らずで到達できた。しかも、多少の雨でも傘が無くても我慢できるほどの歩く距離で済む。

続きを読む "有名な衣料品店" »

2010-09-08

ストライキ

パリに到着して3日目。仕事は2日目。今日はパリの公共交通機関がストライキだった。主に地下鉄が影響を受けたらしいが、全面的な運休ではなく間引き運転。

昨日のうちからどの路線がどの程度の間引き運転になるか広報があったので、仕事に向かう時の心構えは出来ていた。無難な路線を乗り継ぎ方、混雑しても大丈夫なような服装、などなど。センセーショナルな光景があれば写真でも撮ってやろう、とも思った。

ところが、空振り。杞憂。

確かに、普段なら2、3分おきに次々に来る列車が今日は10分以上待たされ、その分混雑が増すわけだが、大阪や東京の通勤ラッシュから比べると可愛いものだった。

ま、トラブルに巻き込まれなかっただけ、ヨシとしよう。

2010-09-06

パリ到着

無事、パリに到着した。

飛行機の中が寒くて難儀した。過去の出張で寒い思いをしたことが多かったので、酷暑が続くにもかかわらずフリースを持ち込んだのだが、それでもなお、想定を超えて寒かった。配られたブランケットに包まって何とかしのいだ。風邪を引いてなければ良いのだが。

パリに着いてみると、気候はこの上なく過ごしやすい。

常陸のきょろさんから暖かいお言葉を頂いた。小生もコメントでお返事しようとしたところ、当地のネットワークからは書き込めないようだ。記事は作成できるので、この場をお借りして御礼申し上げる。

2010-09-05

出立の準備

日付が変わって5日(日)の1時になろうとしている。週末だから夜更かししているわけではなく、海外出張の準備がようやく終わったところなのである。

ゴールデンウィークの出張の様子を長々とご紹介しているうちに、もう次の出張がやってきてしまった。どうもブログの書き方に問題があるようで、次回からはもっと簡潔に、そして、本当に良い写真だけに絞って記事を書くようにしたい。

今回の出張は、本日5日の昼行便でフランスに向かい、パリに4泊する。その後は何とアメリカのワシントンへ。2泊したあと帰路につく。西回りで世界一周である。本来はパリにだけ6泊する予定だったものが、ワシントンでの用務が入り旅程を急遽修正したのである。同じような事情の出張が10月にもあり、逆に東回りになる。

ほとほと困惑しているが、とにかく体調には注意して、このハードスケジュールを無事に乗り切りたいものだ。

一方で、身重の連れには、しっかり留守を守ってもらわないといけない。とりあえず、今週は9月なのに猛暑が予想されている。彼女にもくれぐれも体調を崩さないようにお願いしなければならない。

2010-09-04

空路

R0012695
GR DIGITAL III + SILKYPIX

ブレッド湖に出かけた翌日、帰国の途についた。再び雨。仕事仲間のフランス人はまだスロベニアに滞在していて、この日にブレッド湖に行くと言っていた。

この天気では良くなかっただろう。

続きを読む "空路" »

2010-09-03

湖畔の復路

R0012673
GR DIGITAL III + SILKYPIX

ブレッド湖畔の散策も復路に入った。今回のスロベニア滞在も大詰めである。

教会のある島から漕ぎ出して、ぐるっと島の周りを巡ってから戻ることにした。島の反対側には水辺まで遊歩道がついていた。しまった!重要なスポットを見逃していた!! とは言っても、湖側からは眺められたが。

島の団体観光客多数に、また、マジマジと見られてしまった。

続きを読む "湖畔の復路" »

2010-09-02

島の教会

R0012655
GR DIGITAL III + SILKYPIX

漕ぎ始めたときには、とんでもなく遠いように感じたが、到着できそうである。係留場所に近づいてきた。小生が漕ぎつつ接岸する段取りを思案している間に、連れが綺麗に島の全景を撮ってくれた。

続きを読む "島の教会" »

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »