« 地底の風景(2) | トップページ | ある小さな村 »

2010-07-14

地表へ

R0012434
GR DIGITAL III + SILKYPIX

洞窟の見学ルートの終わりには立派な土産物屋があった。最後の部分の広い空間を利用して、店の建物が丸ごと入ってしまっている。

R0012435
GR DIGITAL III + SILKYPIX

仕事仲間の誰一人として、ここで買い物をした様子は無いところが面白い。皆、締り屋らしい。

R0012433
GR DIGITAL III + SILKYPIX

技術系最右翼のような分野で仕事をしているが、海外出張すると面白いことがある。国内では女性と一緒に仕事をすることはほとんど無いのに、海外に出ると途端に女性との付き合いが多くなる。そんなわけで、仕事仲間を撮ってみた。左から右へ、生粋のヤンキー(アメリカ人)技術官僚。ロシア生まれ・育ちでフランスで仕事をしているプリマドンナのようにエレガントなママさん研究員。やはり生粋のヤンキーで世界中の幸せを代表したような笑い声をたてるママさん技術コンサルタント。そして、小生の連れ。

暗いところではみな美人に見えると言うが、連れに関してのコメントは差し控えるとして、他の女性二人は明るいところでも大層な美人である。天は二物を与えずというが、ウソに違いない。

R0012450
GR DIGITAL III + SILKYPIX

そして地上は、地底とはまったく違って、元通りの穏やかな風景を見せていた。

« 地底の風景(2) | トップページ | ある小さな村 »

コメント

みー太郎さん!
このサイトは、時々見ていますが初めてのコメントです。
私にとって海外は、公私共々縁のない話なので、うらやましい限りです。
カメラ好きの私にとっては、このサイトは知らない所と写真、どちらでも新しいことばかりです。私も勤め人ですから、なかなか旅行も行けません。このサイトでその気分を味わいます。また、よろしくお願いします。

>常陸のきょろさん

コメントありがとうございました。私の場合、海外は実は仕事絡みしか行ったことがありません。でも、仕事で行かせてもらえることは、確かに恵まれているというか、幸せというか。とにかく、有難いことです。

たまたま、私は写真が趣味ですし、GRDのように広角系の単焦点カメラが好きなので、出張にカメラを持ち歩くことに不都合はなく、撮影の良い機会になっています。こんな写真でよろしければ、引き続きご照覧下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546773/48870053

この記事へのトラックバック一覧です: 地表へ:

« 地底の風景(2) | トップページ | ある小さな村 »