« 街の古い玄関 | トップページ | 街の近景・遠景 »

2010-07-20

岸辺の風景

R0012499
GR DIGITAL III + SILKYPIX

ガイドの後を追っていくと、岸辺に出た。

スロベニアの短い海岸線の中で、ピランは最も突き出た位置の小さな街である。産業港ではない。泊まっている船も、地元漁師の漁船か、レジャー用のヨットがほとんどである。

R0012491
GR DIGITAL III + SILKYPIX

以前は街の中心部が入り江になっていたそうだ。ただ、海水は澱み入れ替わることはなく、大変不衛生になってしまい、埋め立てられたとのこと。その跡地がこの写真の広場である。

既にご報告しているように、この写真が(株)リコー殿GR BLOGのメインイメージに選ばれた。なお、この記事の写真はより原画に近い状態であり、GR BLOGに応募した拙作はよりメリハリがありカラフルになるように画像処理したものである。

R0012498
GR DIGITAL III + SILKYPIX

船、というよりも小さいボートがほとんどである。個人で小規模に漁をしている様子だ。昼も過ぎた時間なので動きは見られなかったが、夜明け前後は出漁や水揚げで活気があるに違いない。

R0012500
GR DIGITAL III + SILKYPIX

レジャー・ボートは本当に小さいものから、やや大きなものまで様々だった。ヨットの類は岸から少しはなれた桟橋に繋がれている。

大変贅沢なもののように感じられるが、仕事仲間の年配のフランス人もヨット遊びをする。所有しなくてもレンタルで楽しめるのだそうだ。不動産の価格が安いので、ヨットを購入すること自体はそれほど難しいことではないらしい。しかし、係留費も含めて維持費はそれなりに高くつくそうで、その点で、遊びたいときだけレンタルするのが最も合理的と言う。

« 街の古い玄関 | トップページ | 街の近景・遠景 »

コメント

GRのイメージ写真への選出、遅ればせながらおめでとうございました。
僕も素敵なお写真と思いました。
濡れた石畳と言い、左側に立つ人物の配置と言い、大阪弁で云うと「え〜感じ」です!

>Dr.Kenさん

大阪の方なんですか!? それを言ったら、ヨーロッパはえー感じのところばかりで、被写体には事欠きませんよね。もったいないお言葉、ありがとうございます。しかし、本当にラッキーなんだと思います。作品の応募なんて、これが初めてなんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546773/48914917

この記事へのトラックバック一覧です: 岸辺の風景:

« 街の古い玄関 | トップページ | 街の近景・遠景 »