« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010-03-31

海ゆかば-航走

R0012104
GR DIGITAL III + SILKYPIX

近距離を結ぶフェリーで船は大きくない。速さは時速13ノットとされていた。時速25km程度しか出ていない。それでもどんどん景色は変わり、横須賀や久里浜の海岸は遠くなっていく。船自身が造る波はほとんどない。時速20ノットも30ノットも出る船があるという。どんな勢いで走るのだろうか。

続きを読む "海ゆかば-航走" »

2010-03-30

海ゆかば-出航

R0012093
GR DIGITAL III + SILKYPIX

船が動き出すまでに、車で乗船した客もすべて降車して自動車甲板から出なければならない。久里浜では舳先を岸に向けて接岸し、舳先から車を積み込んだ。このため一度後進して離岸する。3隻目のフェリーは置いたままである。

開放的な空間で風に吹かれて大きく景色を眺めながらの出航は、列車の発車や飛行機の離陸とは一味違う高揚感がある。

続きを読む "海ゆかば-出航" »

2010-03-29

海ゆかば-乗船

R0012089
GR DIGITAL III + SILKYPIX

陽も傾いたころ千葉へ渡るためにフェリー乗り場に下りてきた。神奈川県の久里浜と千葉県の金谷を結ぶ東京湾フェリーである。アクアラインも便利なようだが、ずっと南に位置するこの航路も房総半島の先の方へ行きたいときには使い勝手が良さそうだ。なにより船に揺られることが気分転換になって良い。この時間、乗る船はまだ接岸していなかった。

続きを読む "海ゆかば-乗船" »

2010-03-28

海ゆかば-花の国

R0012082
GR DIGITAL III + SILKYPIX

久里浜の真西には小高い丘がある。ここから久里浜周辺を一望の下に見下ろすことができる。湾外の浦賀水道を挟んで、対岸は千葉県の房総半島である。

撮影場所は「くりはま花の国」という公園内の展望台、花壇、温室などである。茨城県の広大なひたちなか海浜公園を知る小生にとって、ここははるかに小さな面積で遊歩道もほんの2、3コースしかないにもかかわらず、アップダウンが激しい丘の斜面を利用しており大変歩き甲斐があった。

自動車の運転で強張った足腰を解すには、良いどころか、過剰なぐらいの運動になった。

続きを読む "海ゆかば-花の国" »

2010-03-27

海ゆかば-久里浜

R0012060
GR DIGITAL III + SILKYPIX

入り江の奥に少しだけ砂浜が残っている。ここが日本の「近代」が始まった地である。

横須賀から少し南下すると浦賀、さらに進むと久里浜である。ここに黒船を率いたアメリカのペリー提督が上陸した。開国を要求する大統領の親書などが江戸幕府に手交された。これがペリー提督来航の1回めのことである。鎖国をしていた当時の日本で、長崎以外の場所で初めて公式な外交が行われた。約半年後にペリー提督は再度訪日し、日米和親条約が結ばれた。

続きを読む "海ゆかば-久里浜" »

2010-03-25

海ゆかば-戦艦三笠

連休は2日間を仕事で潰してしまった。小生自身ストレスが溜まる上に連れも外出できず申し訳ない。そんなわけで、最終日だけは思いっきり走り回った。東京湾をグルっと一周である。

R0012053
GR DIGITAL III + SILKYPIX

茨城の拙宅を出て最初に向かったのは横須賀である。日露戦争を戦った戦艦三笠の記念館を訪れた。艦そのものが展示されている、と言っても良いのだが、小生には若干抵抗がある。艦体を除いて上部構造物はほとんどレプリカだからである。しかし、内部に展示されている資料や説明は貴重で分かり易いもので、記念館としては優れたものと思う。

続きを読む "海ゆかば-戦艦三笠" »

2010-03-24

突飛な組み合わせ

3月23日に変わったニュースに接した。仕事柄、小生も注目せざるを得ない。米国の超大ソフトウェアメーカーの会長が原子炉開発に出資すると言う。それも日本の代表的な電機メーカーと連携するとのこと。

Traveling-Wave Reactor(TWR)が、開発を目指す原子炉の呼び名らしい。GLOBAL 2009という国際会議でアイデアが発表されていると言う。職場ですぐに資料が手に入りざっと目を通したところ・・・、

怪しい。

小生は学生時代「ポンス・フライシュマンの常温核融合」の騒ぎを経験した。実のところ、これに次ぐ怪しさである。

続きを読む "突飛な組み合わせ" »

2010-03-14

緊急地震速報

小生の携帯電話が普段聞かない音をたてた。

緊急地震速報である。鳴ったのは今日が2回目。1回目は千葉かどこかの地震計が誤作動して微弱な地震にもかかわらず誤報が出たものであった。このことは報道でご存知の方も多いだろう。今日は福島・宮城沖の地震で、震度5弱を記録したところもあり、「本番」であった。

水戸市内原のAEONのショッピングモールに居るときに速報に接した。

R0012026
GR DIGITAL III

続きを読む "緊急地震速報" »

2010-03-13

茨城空港開港

茨城空港が開港した。小生が住む同じ市である。

今朝、花粉症対策の薬をもらいに耳鼻科へ行ったついでに、新空港を見物しようかと車のハンドルをふらっと切って見た。しかし予想外の混雑に早々に諦めて帰宅した。報道で空港見物客で混雑しているという情報も得て、驚いた。

飛行場は同じ場所に以前からあった。航空自衛隊百里基地である。その周りは畑作・畜産の農家が点在するばかりで、率直に言えばプレイスポットは何も無いところである。新たに「空港」というプレイスポットが出来た、というところだろうか。

続きを読む "茨城空港開港" »

2010-03-12

苦しむ

大した話ではない。しかし不快である。

小生、いい歳になって花粉症が酷くなってきている。もしかすると学生のときに既に発症していたかもしれないがあまり気にならなかった。

3週間前、まだ症状が出ていなかったころ、今年は酷くなりそうだと思い、市販薬で済ませるのではなく医者に薬を処方してもらうため耳鼻科にかかった。眠くならない新しい良い薬ということで「アレグラ60」といものを出してもらった。

これが効かないのである。

鼻水があまり出ない、くしゃみが出ない、ということで効いているのかもしれないが、鼻の奥が腫れて鼻詰まりの状態は解消されない。一日最大4錠まで飲んでも良いということで、最大量飲んでいるがダメである。身体が温まると特に詰まる。寒い空気の外に居るときのほうが鼻が通り断然楽である。オフィスで仕事をしていると、集中力に欠ける。

どうにも辛くて、市販薬を飲んだらこれが効く。眠くはなるが。

職場でやはり花粉症の人と話したとき「あぁ、アレグラ、効かないよ」とあっさり切って捨てられた。明日には連れと一緒に再び耳鼻科に行く。こんどはもっと強い薬をもらおう。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »