« プラハ城(携帯待受) | トップページ | 米原子力空母が香港へ? »

2010-02-11

アメリカ西海岸(携帯待受)

Dcp_4211

2009年5月の出張先はアメリカ、カリフォルニア州の街サンディエゴを訪れた。一度シアトルに滞在したことがあるが、日差しタップリ、半裸のサーファー達、というイメージのいわゆる「西海岸」は今回が初めてである。ちょうど新型インフルエンザの騒ぎが始まったときで最初の流行現場としてサンディエゴは注目されていたが、当時、街はまったく普段どおりの様子であった。詳しくは別のHPに記事を載せてある。毎日の仕事が終われば、海岸近くの店で夕食・ビールを楽しみ、公共交通機関で少し走ればメジャー・リーグの野球を観戦できた。

写真は海辺のアムトラックの駅で、今では高層ビルに囲まれて目立たなくなっているが、歴史的に古いものである。海軍の大きな軍港へはここが最寄りとなる。「ブート・キャンプ」の名ですっかり有名になった海兵隊の新兵訓練所への入り口、新兵募集所もすぐ近くにある。

ある国際的な会合が年1回各国を回って開催されるので、毎年ゴールデン・ウィーク後半辺りに海外出張することがほぼお約束になっている。アメリカ/ニューオリンズ(2003)スペイン/サン・ロレンゾ・デル・エスコリアル(2004)、アメリカ/シカゴ(2007)、チェコ/プラハ(2008)に出かけた。2005年はアメリカ/ニューヨークで開催だったがこの時は同僚が出席した。2006年はブラジル/リオ・デジャネイロが会場となったが遠すぎて出張日程が調整できないこと、旅費が予算オーバーすることから出張を断念している。

今年はスロベニアに出かける予定である。

« プラハ城(携帯待受) | トップページ | 米原子力空母が香港へ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546773/47536628

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ西海岸(携帯待受):

« プラハ城(携帯待受) | トップページ | 米原子力空母が香港へ? »