« 2009年の言葉 | トップページ | 寒い朝 »

2010-01-10

虚空蔵尊

R0011706
GR DIGITAL III + SILKYPIX

茨城でも連れと新年のお参りに出かけた。昨年は鹿島神宮だったが、今年は虚空蔵尊である。元日から日数が過ぎてしまい出店の数も減ってしまったが、まだ参拝者は多く、そこそこの賑わいだった。

R0011705
GR DIGITAL III + SILKYPIX

比較的暖かく、好天にも恵まれ、日差しが柔らかい一日だった。水の冷たさもそれほど厳しくなかったようである。

R0011714
GR DIGITAL III + SILKYPIX

虚空蔵尊は寺と神社が隣接している。混交の典型例らしい。ここの神社に小生は初めて参拝したが、鈴が無いことに驚いた。

R0011724
GR DIGITAL III + SILKYPIX

神社からさらに奥に進む小路がある。これを辿ると海岸に出られる。登記上は小生の職場の敷地を通ることになるのだが、歴史的に地元の方々が通ってきた路なので、誰でも通ることができるように開放されている。

R0011716
GR DIGITAL III + SILKYPIX

元はと言えば茨城百景に数えられていた海岸なのだが、今では火力発電所の大きな敷地が眼前に広がっている。海流が変わったことが原因とされているが、海岸線の侵食も最近激しくなっているそうで、修復作業が進められている。

一見穏やかではあるが、危機もはらんだ風景と言えよう。今年の行く末も楽観を許さない。

ところで、柔らかい砂地を歩くことが大変な負担であることを改めて思い知らされた。軽い朝食だけを済ませて出かけて、昼食を摂らないまま歩いたことが失敗であった。海岸に達するだけでも空腹を感じるようになり、戻る行程ではすっかり足取りが重くなってしまっていた。歳をとってしまったものである。

« 2009年の言葉 | トップページ | 寒い朝 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546773/47249381

この記事へのトラックバック一覧です: 虚空蔵尊:

« 2009年の言葉 | トップページ | 寒い朝 »