« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009-12-29

年末徒然

小生は昨日28日が仕事納めであった。最後の瞬間まで仕事は続いた。新年は早々に本来業務が忙しくなりそうだ。これは良いニュースである。気が滅入るような雑務がこのところ多すぎるのだが来年は上手く避けたいところだ。

R0011667
GR DIGITAL III

今日29日は住処で最低限の清掃をしている。連れが既にかなりの部分を綺麗にしてくれているので、小生は小技が必要になるような部分だけを担当する。レンジフードのフィルターの貼り替えは恒例である。フィルターの効能は大きい。ただ、空気の流路を余さず綺麗に覆うようにしなければ、効能はガタ落ちになってしまうので要注意である。このフィルターのお陰でレンジフード内部の掃除はほとんど不要である。

続きを読む "年末徒然" »

2009-12-26

首相がツイッター?

鳩山首相がツイッターをやっていると言う。甚だ滑稽だ。偽サイトも現れたらしい。さもありなん。鳩山氏の個人的な立場での「表現」手段なのだろうか? まさか首相の公人としての「表現」ではあるまい。

公人としてのものなら、百害あって一利なし、即刻やめてもらいたい。害は鳩山氏自身が評判を落とすという形で現れるかもしれない。これは鳩山氏個人の自業自得なので関知しない。しかし、市民や関係者の側にも、不確かな風評や噂が流れるような形で、害が発生する可能性がある。これは看過できない。

正直なところ、誤解を生み易いと思うので、個人としても早々に止めるべきだと思う。

続きを読む "首相がツイッター?" »

2009-12-21

悪くはならない?

民主党政権が現実のものになって、選挙中の公約(マニフェスト)がそのまま実行できるとは限らないことが明らかになってきた。まぁ、これは良いと思う。下手に無理に実行して事態が悪くなるよりはマシである。自民党政権が続いた場合より悪くはならない。

ところが、安全保障や外交関係はどうだろう? 明らかに自民党政権時代よりも悪い方向に向かっているように見える。沖縄米軍基地問題も、アジア有力国の戦略をどう読んで、先回りする形でどう対応しようとしているのか、まったく議論が聞こえてこない。

「友愛」精神がこの疑問に対する回答だと言われたら、小生は理解に窮する。現実世界の発想とは思えない。

沖縄の人々の声も大事だし、米国との関係も重要だが、最も大切なことはアジアの地勢における日本の位置と各国の動きをどう把握するかではないのか? この点に関しては、民主党政権の発するシグナルがあまりにも幼稚に感じられる。

小生は、日本が敵地攻撃能力を持つなら良し、持たないのであれば、米軍海兵隊の主力を沖縄に置くことは絶対に必要と考える。

続きを読む "悪くはならない?" »

2009-12-17

ハードディスク分解・破壊(2)

R0011426
GR DIGITAL III

プリント基板の下にあるクッション材を取り除くと、3個のネジ頭が現れる。これらが、磁気ヘッドが取り付けられたアームのピボットと、アームを駆動させるモーターの永久磁石を固定している。全て緩めて抜き取る。

続きを読む "ハードディスク分解・破壊(2)" »

2009-12-16

ハードディスク分解・破壊(1)

R0011416
GR DIGITAL III

ハードディスクを分解してみた。

実は小生の職場での作業を撮影したものである。仕事の様子は、本来は、私的な場で公表することは許されていないが、この程度のことは良しとしてもらおう。これは「仕事」なのか? 「仕事」なのである。用をなさなくなったハードディスクは内容を消去することが求められている。

このハードディスクはIBM製のSCSI仕様のもので10000rpmの高速型である。今でも結構いい値段がするようだが、いかんせん18GB程度の容量しかなく使えない。そもそもパーティションに障害が発生して情報にアクセスできず、かと言って内容を消去する機材やソフトも使えず、力任せに壊すことも野蛮だし、放置してきた。

このたび、分解に必要な工具が手に入ったので作業した次第である。

続きを読む "ハードディスク分解・破壊(1)" »

2009-12-13

メモ―暗号とハッシュ

容易に解釈できるデータを「平文」と、当事者以外による傍受、データ改竄、なりすまし行為が可能な通信経路を「ネットワーク」と呼ぼう。

平文を解釈できない別のデータに変換する。この別のデータを平文に再度変換できる方法もあるとする。このような場合、解釈できないデータを「暗号」、前者の変換を「暗号化」、後者の変換を「復号化」と呼ぶ。このような変換操作により先のエントリーに掲げた「C) 情報が当事者以外の手に落ちても解釈できないように工夫する」ことができる。

平文からずっと短いデータを生成する。情報量がはるかに減少しているので平文に戻すことはできない。しかし、少し修正された平文からはまったく異なる短いデータを生成する。複数の平文からまったく同一の短いデータが生成されることは在り得るものの、そのような平文は相互にまったく相関を持たないほどに異なる。このように生成された短いデータを「ハッシュ」と呼び、先のエントリーに掲げた「D) 改竄を検知する仕組み」や「F) 確かに意図している相手であることを確認する」ために用いられる。

続きを読む "メモ―暗号とハッシュ" »

軍鶏三昧

今日は「我が家の忘年会」ということで、軍鶏三昧で楽しんだ。

R0011393
GR DIGITAL III

先ず軍鶏の肉の調達である。茨城県の奥久慈は軍鶏の産地らしい。国道118号線沿いに軍鶏の養鶏場がある。

続きを読む "軍鶏三昧" »

2009-12-12

裁判員制度

今晩放送のHEROを楽しんで観た。裁判員制度が始まる前の作品である。もしシリーズの続編を作るとなるとまた違った演出になりそうで楽しみである。

小生は裁判員制度に賛成である。

現在の一般的な日本人の市民意識のレベルに照らして、今、上手くいくかどうかはわからない。しかし長い目で見て司法制度に市民が直接参加することは有意義なことだと思う。今から始めることも悪くなかろう。

裁判員制度を義務のように見る向きもあるが、これは権利とも言える。被告人にとっての公開の裁判を受ける権利を一層推し進めたものと言えるし、裁判員を務める市民の側からすれば公権力を行使する機会でもある。

続きを読む "裁判員制度" »

2009-12-07

信ずるところ―個人の自由

この手の内容は日記に書いて残しておき、後日、自分で読み返すと良いのだろうが、まぁ、秘密にするほど危ない思想を持っているわけでもなく、ブログに書きなぐっておこうと思う。「信ずるところ」と題する記事は、小生が自身の言動を律する方向性のようなものとご理解頂きたい。

小生は、社会に迷惑をかけない限り、個人の自由は最大限に尊重されるべきと考える。リベラルと言って良い。「社会に迷惑をかけない限り」という判断基準については、昨今の日本の風潮に比べるといささか厳しいものを持っているので、この点では保守的である。

いくつか具体例を挙げる。

続きを読む "信ずるところ―個人の自由" »

2009-12-05

師走の買い物スポット

師走になった。小生の計画性の無さが災いして、毎年、大変気ぜわしい思いをしながら越年を迎える。今年は比較的マシなようにも思われるが、実際のところ、この週末は仕事を抱え込んでしまっている。仕事を持ち帰ると連れは機嫌が悪いが、今週末は許してもらいたい。

R0011326
GR DIGITAL III + SILKYPIX

師走は何かと買い物も多い。本当に暮れも押し迫ると、例えば、東京のアメ横、京都の錦小路、大阪の黒門市場などが大変に混雑する様子がよく紹介されるが、小生が住む地元にも食料品の良い買い物スポットをようやく見つけた。

茨城県の食肉公社に隣接しており地元畜産品の直売所の位置づけのようだ。地元農家からも多種類の産品が持ち込まれ販売されている。結構有名らしく近隣の他県から来た車も駐車場に停まっている。普通のスーパーより種類の点ではるかに品揃えが良くかつ安い。連れも大喜びである。

続きを読む "師走の買い物スポット" »

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »