« コルドバ―アルカサル(5) | トップページ | コルドバ―城壁 »

2009-11-12

コルドバ―アルカサル(6)

R0011082
GR DIGITAL III + SILKYPIX

アルカサルの紹介もこれが最後になる。

最も古い部分と思われるところへ向かう。とは言っても、一体どれぐらい古いものなのか見当がつけにくい。写真のように壁の漆喰は明らかに新しいもののようだが、そこにさりげなく発掘品と思われる小片が埋め込まれている。お洒落と言っても良い趣向だ。そして、甕や柱も無造作に置かれているのだが、日本ならば発掘品のレプリカに違いないところが、ここだと本物の可能性が高い。

R0011075
GR DIGITAL III + SILKYPIX

地下へ降りると、そこはもう何か子供向けの物語か歴史物のゲームに出てきそうな部屋であった。冒険気分を満喫する。ちょうど良い大きさの石ころをみつけて下敷きにして、カメラのアングルを何とか上手くセットして、セルフタイマーで撮ってみた。これぞ、F1.9のレンズと高感度CCDの威力である。フラッシュを用いずにシッカリと撮れるのである。

R0011080
GR DIGITAL III + SILKYPIX

もう一枚撮ってみた。この撮影をしている間にも他の観光客が入ってきて何枚も写真を撮っていたが、バチバチとフラッシュを使っていた。このような部屋でフラッシュを使っては、撮れる画の雰囲気は台無しになってしまう。

地上に戻ると、さらに発掘が進められている作業現場もあった。まだまだ、いろいろ出土しそうな様子である。

R0011083
GR DIGITAL III + SILKYPIX


« コルドバ―アルカサル(5) | トップページ | コルドバ―城壁 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546773/46738882

この記事へのトラックバック一覧です: コルドバ―アルカサル(6):

« コルドバ―アルカサル(5) | トップページ | コルドバ―城壁 »