« コルドバ―鉄路(1) | トップページ | コルドバ―鉄路(3) »

2009-10-28

コルドバ―鉄路(2)

R0010872
GR DIGITAL III + SILKYPIX

日本に居る間に旅行代理店を通じて切符を手配したところ、11:30発コルドバ経由マラガ行きのAVE2112列車と決まっている。確かに列車はあった。自動券売機もあるので、その気になれば現地入りした後でも切符が買えそうだが、どうも当日購入は危険なようである。コルドバに着いてから会議参加者と雑談したところ、日が迫ってから予約をいれようとしたらマドリード発の列車は満席だったとのこと。やむなく空路で別の街に行き他の鉄道路線でコルドバ入りしたそうだ。

R0010856
GR DIGITAL III + SILKYPIX

ヨーロッパの駅は改札が無くプラットフォームに自由に出入りできると思ったら、ここは違っていた。写真は到着ロビーだが、しっかり仕切りがしてあって警備員が常駐している。チラっとだけ列車が見えるが、これ以上は近づけない。利用客は切符を見せて手荷物検査のゲートを通らなければならない。

R0010854
GR DIGITAL III + SILKYPIX

空港のセキュリティー・ゲートと同じような改札口である。手荷物をX線検査するだけで金属探知機は無かった。スペインでは通勤列車を狙った連続爆弾テロが一度起きており、AVEのような高速列車は特に警備が厳しくなったのであろう。

R0010873
GR DIGITAL III + SILKYPIX

改札口を通り抜けると列車が見えてきた。先頭車両の形状は何となく新幹線に似ている。どの列車も白地に紫色の帯の塗装がなされているようだ。先頭と最後尾が動力車で間に客車を挟んだ形の編成はヨーロッパではお馴染みのものである。ただ客車の一両の長さが異様に短い。案内係の女性の服装・スタイルが非常に格好良いのが印象的である。

R0010875
GR DIGITAL III + SILKYPIX

« コルドバ―鉄路(1) | トップページ | コルドバ―鉄路(3) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546773/46585470

この記事へのトラックバック一覧です: コルドバ―鉄路(2):

« コルドバ―鉄路(1) | トップページ | コルドバ―鉄路(3) »