« ご挨拶 | トップページ | 東京銀座の賑わい »

2009-09-22

デジタルカメラ購入

新しいデジタルカメラを購入した。RICOHのGR DIGITAL IIIである。

小生は写真を撮ることが趣味だったが、35mmフィルムを用いる一眼レフカメラを学生時代に購入して以降、長らく本格的なカメラを新調してこなかった。なかなか意欲も需要も沸かなかったからであるが、つまり趣味が中断していたということでもある。「趣味だった」と過去形で書いた理由もそこにある。

小生は理系の職業がら新しい技術には大変興味を惹かれるが、一方で、やはり職業がらだが、自身で使う技術は成熟したものを待つ傾向がある。大変廉価なデジタルカメラをネットオークションで購入して長らく使ってきたが、いわば試用・評価を延々と行ってきたと言えよう。撮った写真は高々Webに載せたり電子メールに添付して送る程度で、紙に印刷・印画することはほとんど無かった。JPEGファイルで数十KB程度の画像データをインターネット上で扱ってきたわけである。このような目的には、200万画素程度のカメラで撮影し200~500KB程度のJPEGファイルを原画としておけば十分であった。具体的にはKODAKのDC3800である。

このカメラはただシャッターを押すだけの(他の操作をしようにも機能が無い)カメラだが、適正な露出が得られれば鮮やかな色になること、単3サイズの乾電池や充電池を電源とすることが大きな特徴である。「趣味が中断していた」と書いたが、仕事で海外に出張するときにはDC3800を必ず携行した。万一充電池が使えない事態に陥っても単3乾電池はどの国でも大抵入手可能で、独自仕様のバッテリーを必要としない安心感は非常に大きい。

海外出張を繰り返すうちに小生の不精さがゆえに荷物は少なく軽くなる一方である。最初こそ一眼レフカメラと交換レンズを持って行ったが大きさと重さが嫌になり、すぐに24mmの広角レンズだけを取り付け他のレンズは持たなくなった。そのうち機内持ち込み荷物にすることも面倒になり、しまいにはバスタオルを巻き付けて預け荷物のトランクに放り込む始末。DC3800を購入してからは一眼レフカメラは持ち歩かなくなった。

連れと暮らすようになってデジタルカメラで撮った写真を自宅でプリンターで印刷する機会が増えた。独り暮らしをしている小生の母はインターネットとは無縁でありWebや電子メールを通じて写真に接する機会はない。母への土産話にはやはり印刷した写真が最適である。ここに来てDC3800の能力の限界が急に目立ち始めた。手札判や2L判であればまだ何とかなるが、それ以上に大きなサイズは無理である。連れの母もデジタルカメラで写真を撮るとのこと。連れの姉は雑誌社で働いた経験もある。こうなると見劣りするような写真は撮れない。

そしてついに、清らかな親孝行の気持ちと不純な見栄っ張りな理由から、小生の意欲と需要が復活したのである。これまでの経験から新しいデジタルカメラの要求仕様は明確である。

1) 焦点距離が30mm(35mmフィルム判換算)以下の広角レンズであること。2) 汎用の乾電池で駆動できること。3) ズームではなく単焦点のレンズで明るいこと。4) 小型・軽量であること。5) 価格が5万円程度であること。

この仕様が先ありきだとRICOHのGR DIGITALしか選択肢は無い。IIからIIIへ移行する直前に値の下がったIIを駆け込みで買おうとしたが機会を逸した。気付いたらIIIが流通し、IIは店頭から姿を消していた。IIIの新しい性能・機能を見ればやはりIIでは我慢できないし、IIIの発表・発売後ほどなく価格も下がった。

2009年のシルバーウィークに小生は晴れてRICOHのGR DIGITAL IIIを手にしたのである。

« ご挨拶 | トップページ | 東京銀座の賑わい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546773/46286389

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルカメラ購入:

« ご挨拶 | トップページ | 東京銀座の賑わい »