« 過ぎた夏 | トップページ | 八ッ場ダム(1) »

2009-09-24

海辺の商い

大洗町は北海道と行き来するフェリーが発着する。フェリーを利用する大型トラックが行きかうターミナルがあり、その一帯が観光スポットにもなっている。以前から大浴場を備えた保養所や海水浴場があり、また、大洗マリンタワーは遠方からも望めるシンボル的存在である。

R0010072
GR DIGITAL III

最近、新たなレジャー施設として大洗リゾートアウトレットが加わった。衣料品を中心としたいくつもの有名ブランド店のほか、地元産品の直売店、飲食店が並ぶ。

R0010074
GR DIGITAL III

地元産品としては、海沿いであるため、やはり海産物とその加工品が多い。このアウトレット以外にも、地元漁協の市場が一般客向けに小売もしているそうだが、良い魚を入手するためには早朝から買い物に出かけないといけないようである。寿司屋は地元で水揚げされたネタを使い美味しく安価である。

R0010075
GR DIGITAL III

アウトレットの店は日が暮れても営業が続き、ことに週末や連休は客足が途絶えることはない。夕刻は帰宅の途につく車と新たに到着した車で駐車場の混雑が続く。

R0010082
GR DIGITAL III

建物を照らす夕暮れの残光、店内の蛍光灯や白熱灯、中庭に設置された水銀灯などの光源の組み合わせは、GRD IIIの試し撮りにはうってつけである。連れが店ごとに品々を熱心に見て回る間に、小生はせっせと撮影である。

R0010086
GR DIGITAL III

人工のせせらぎに照明が反射する様子も、GRD IIIはしっかりと捉えてくれた。ここまでのところ非常に満足のゆく性能を示してくれている。

R0010087
GR DIGITAL III

ここまでの「東京銀座の賑わい」、「廃線の風景」、「海辺の商い(本記事)」の写真は、すべてGRD IIIで撮影した。画像は3648×2736ピクセルの標準画質のJPEGファイルで記録された。このファイルを、画像処理ソフトで、明るさやコントラストの調整を行い、さらに1024×768ピクセルに変換した。ピクセル数の変換後にアンシャープマスクを施しブログ掲載用のファイルとした。なお、ブログ本文中に貼り付けられている320×240ピクセルの画像は、ブログ掲載用のファイルをアップロードする際に、ココログのサーバー側で生成されたものである。

« 過ぎた夏 | トップページ | 八ッ場ダム(1) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546773/46286392

この記事へのトラックバック一覧です: 海辺の商い:

« 過ぎた夏 | トップページ | 八ッ場ダム(1) »